日本鉄道共済組合  Japan Railways Group
Mutual Aid Association
         〒231-8315 横浜市中区本町6-50-1
                   横浜アイランドタワー19階 
日本鉄道共済組合トップページ>7.その他
~ 7.その他 ~
・抵当権の抹消
・旧定期貯金証書の取扱い
・旧国鉄共済組合の保険関係書類の取扱い
・個人情報開示請求
・国民年金3号被保険者の届出



【抵当権の抹消】
こちら→をご参照ください。


【旧定期預金証書の取扱い】
国鉄共済組合では、昭和58年6月まで、定期貯金制度を実施していました。
当時、定期貯金が満期になると、自動的に普通預金に振替えていました。(次図の下線部参照)

(図)定期貯金証書の裏面



その後、昭和58年6月で定期貯金制度が終了した際には、それまで積み立てられていた貯金は新制度の積立貯金に移行しました。
この際に、定期貯金証書は回収しなかったため、お手元に残ることとなりましたが、全て無効です。

<よくある質問>
Q. 昔の国鉄共済組合の定期貯金証書が出てきたが、今でも有効か。 
A. 昭和58年6月に定期貯金制度は廃止され、それまで積み立てられていた貯金は積立貯金に移行しましたので無効です。

Q. 定期貯金証書が何枚もあるのはなぜか。 
A. 旧国鉄共済組合の定期貯金は1年満期で、年4回の設定時期(4月期、7月期、10月期、1月期)がありました。定期貯金が満期になっても、定期貯金証書を回収しなかったため、お手元に複数の定期貯金証書が残ることとなりました。


【旧国鉄共済組合の保険関係書類の取扱い】
旧国鉄共済組合では、職員が新たに生命保険に加入する際に団体契約扱い(給与控除(天引き))を希望した場合の必要な手続き書類として「保険加入契約通知書」がありました
お問い合わせの生命保険については、保険会社発行の保険証書が別に存在します。
保険内容等につきましては、契約されている保険会社に直接お問い合わせください。


【個人情報開示請求】
日本鉄道共済組合が作成・取得した年金の給付事務に必要な個人情報は、「個人情報の保護に関する法律」に基づき、当共済組合で「個人情報に関する基本方針(プライバシーポリシー)」を定めて、情報の適切な管理・保護を行っております。
なお、個人情報保護法に基づく個人情報の開示請求につきましては以下のとおりです。

※開示請求の対象となる個人情報
共済組合が保有する年金給付事務に必要な個人情報のうち、請求者本人の年金決定に係る個人情報 

※個人情報の開示請求ができる人
個人情報の本人、または成年後見人 

<個人情報の開示請求方法>
個人情報開示等請求書→を、お手紙、または日本鉄道共済組合へ直接請求してください。

<請求先・提出先>
 〒231-8315
  横浜市中区本町6-50-1
  横浜アイランドタワー19階
  日本鉄道共済組合 年金係
  電話番号 045-222-9512

※ 電話でのお問い合わせは、土日祝日を除く、9:40~12:00、 13:10~17:00の間にお願いします。

なお、個人情報の開示等の請求者が本人であることを確認することができる運転免許証、健康保険の被保険者証、住民基本台帳カード等、または成年後見人であることを確認できる登記事項証明書のコピーを添付して提出してください。



【国民年金3号被保険者の届出】
昭和61年4月から平成9年3月までの間に組合員に扶養されている配偶者がいたにもかかわらず、国民年の3号被保険者の届出を行っていなかった方のうち、当共済組合において保管されている「組合員原票」の写しにより扶養状況を確認できる方は、個人情報の開示請求を行っていただくことにより「組合員原票」の写しを送付させていただきます。
この「組合員原票」の写しをお近くの年金事務所に提出することで、3号被保険者の届出を行うことができます。
「組合員原票」の写しを希望される方は、「組合員原票」が保管されていることを確認させていただきますので、日本鉄道共済組合までご連絡下さい。

<連絡先>
 〒231-8315
  横浜市中区本町6-50-1
  横浜アイランドタワー19階
  日本鉄道共済組合 年金係
  電話番号 045-222-9512

※ 電話でのお問い合わせは、土日祝日を除く、9:40~12:00、 13:10~17:00の間にお願いします。


ページの先頭へ戻る
日本鉄道共済組合トップページへ戻る
日本鉄道共済組合の連絡先